衛星データでスマート農業

相変わらずの寒さで、
春の訪れが待たれる昨今ですが、

みなさん、お元気ですか。

 

2024年も早くも1ヶ月が経過しました。

新年を迎えるにあたり、新しい挑戦を始めた方も

いらっしゃると思います。

 

新しい挑戦といえば、私たち松原ファームは、

スマート農業に積極的に取り組み続けています。

スマート農業とは、
ロボットやAI、IoTなどの先端技術を活用して、
省力化や精密化、高品質生産を実現する農業のことです。


上の画像は『クボタ営農支援システムKSAS』を活用している様子。

KSASは、農業経営課題の解決をサポートする
インターネットクラウドを利用した営農・サービス支援システムです。
パソコン・スマホを利用して電子地図を用いた圃場(農作物を育てる場所)管理、
作業の記録、進捗状況の把握など農業経営が「見える化」されます。

 

このKSASに加えて、

2024年から新しいシステムを導入しました。

それが、こちら・・・

ザルビオ フィールドマネージャー

 

ザルビオ フィールドマネージャーとは、
衛星画像と人工知能を活用した

栽培管理最適化プラットフォームです。

衛星画像をはじめ多様なデータをAIが分析し、
圃場毎のリアルタイム情報の提供と

リコメンデーション(推奨作業)をしてくれます。

 

例えば、こちらの画面のように、

圃場の状態を色分けして、

作物の成長具合や

高低差などを教えてくれます。

 

このデータを見ることで、

水やりのタイミングがチェックできたり、

肥料を散布する場所が把握でき、

肥料のやり過ぎや足りな過ぎを防ぎ、

効率良く作業ができるようになります。

 

ザルビオを導入する前は、

圃場の状態を確認するために、

  • 現場に行く
  • ドローンを飛ばす
  • ドローンからのデータを収集する

といった作業がありましたが、

ザルビオによって作業の効率化が大幅に進みます。

 

他には人工衛星による天気予報や、

 

 

気温の変化も教えてくれるので、

 

 

作物を育てる際にとても役に立ちます。

また、過去にさかのぼって様々な

データが活用できるところも助かります。

 

現在、ザルビオを麦の生育で活用していますが、

これからは米の生育でも活用予定です。

 

松原ファームでは、

これからも積極的に

最新の技術や設備を導入して、
スマート農業を推進し、

  • より働きやすい環境づくり
  • より生産効率を高める

以上のことの実現に取り組みます。

 

また、スマート農業のこれからの取り組みは

こちらのお知らせページでご紹介します。

 


 

松原ファームでは、

ただいまスタッフを募集中ですので、

スマート農業に興味のある方は、

お気軽にご連絡ください。